スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の風物詩・麦わら帽子

夏休みに虫取りをしたり、海で遊んだりするときに子ども達が被っていた麦わら帽子。

麦わらを素材とする麦わら帽子は、軽く通気性が良いため農作業をする大人もまた被っていました。

夏の風物詩とも言える麦わら帽子ですが、日本では1872年に町役人の河田谷五郎が外国人の帽子を手本に作ったのが始まりだそうです。

現代では、ファッション性が高まり、色やデザインなどさまざまなものが販売されています。素材も麦わらに限らずい草や経木、ラフィア、ペーパーなどで作られたものもあります。

個人的には、昔ながらの本物の麦で作ったシンプルな形の麦わら帽子が好きですが・・・。


カラフルなレディース用ステテコ

数年前から人気急上昇中のステテコ。

おしゃれでカラフルなレディース用のステテコも、たくさん見かけるようになりました。

ステテコは、もともとは明治以降に着物や袴の下にはく下着として着用されていたものだそうです。

サラッとして涼しいクレープ生地のものが多く、昭和時代には中高年男性のインナーとして普及していましたが、最近は部屋着やパジャマとして、またちょっとした外出着としても着用されるようになりました。

ゆったりとして動きやすく、涼しいのがステテコの特徴ですが、それよりも色々な柄のものが出ていて「はいていて楽しい」というのも大きな魅力です。





桜のジュエリーボックス

日本人が大好きな桜は、色々なファッショングッズのモチーフになっています。

ジュエリーボックス(宝石箱)もそのひとつで、ピンクの桜の花が何輪も集まって咲いているさまは、本当に綺麗です。

大切なものを入れておくジュエリーボックスですが、この宝石箱そのものをどこかにしまっておきたい、そんな気持ちになってしまうほど素敵です。

母の日にもおすすめ・割烹着

割烹着(かっぽうぎ)は、もともと日本でデザインされたものですが、最近はそのすぐれた機能性から外国からも注目されています。女性が家事をする時に、着物が濡れたり汚れたりしないようにとの目的で作られましたが、和服の上からも洋服の上からも着用することができます。

昔ながらの白い木綿の割烹着も素敵ですが、最近は色々な柄のカラフルな割烹着もたくさん販売されています。何枚あっても困るものではないので、母の日のプレゼントとしてもおすすめです。

和柄のブラウスで春らしく

春風の吹く季節になったら、重たいコートは脱いで和柄のブラウスを着て思いっきり春を楽しみたいですね。

白い綿の生地に色とりどりの和柄模様でもいいし、ピンクや水色のパステルカラーの生地にシックな和柄模様なんていうのも素敵ですね。

ブラウスがカラフルな場合は、スカートやパンツなどのボトムは無地が合わせやすくておしゃれに見えます。レギンスやトレンカなどを合わせても活動的で素敵ですね。

プロフィール

夏の七草

Author:夏の七草
和の大好きな管理人が、ネットから購入できる女性向けの和風ファッション、和柄ファッションをご紹介しています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。