スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の風物詩・麦わら帽子

夏休みに虫取りをしたり、海で遊んだりするときに子ども達が被っていた麦わら帽子。

麦わらを素材とする麦わら帽子は、軽く通気性が良いため農作業をする大人もまた被っていました。

夏の風物詩とも言える麦わら帽子ですが、日本では1872年に町役人の河田谷五郎が外国人の帽子を手本に作ったのが始まりだそうです。

現代では、ファッション性が高まり、色やデザインなどさまざまなものが販売されています。素材も麦わらに限らずい草や経木、ラフィア、ペーパーなどで作られたものもあります。

個人的には、昔ながらの本物の麦で作ったシンプルな形の麦わら帽子が好きですが・・・。


関連記事
プロフィール

夏の七草

Author:夏の七草
和の大好きな管理人が、ネットから購入できる女性向けの和風ファッション、和柄ファッションをご紹介しています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。