スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラフルな巾着袋

布で袋を作り、入り口を紐で開いたり閉じたりする巾着(きんちゃく)は、日本では戦国時代の頃から使われていました。昔はお弁当や茶器などを入れていたそうですが、現代では、学校や幼稚園で子供たちが学用品や上履きを入れたり、大人は化粧品類や印鑑、その他の大切な小物類を入れたりと、色々な使い方がされています。

カラフルな和柄で作られた巾着袋には、なくしたくない宝物をそっと入れておきたいですね。巾着袋は、手作りで簡単に作ることもできますが、ネット通販でも色々な柄のものが売られています。



関連記事
プロフィール

夏の七草

Author:夏の七草
和の大好きな管理人が、ネットから購入できる女性向けの和風ファッション、和柄ファッションをご紹介しています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。