スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和柄の手ぬぐいが新鮮!

タオルの普及に押されて、あまり使われなくなった手ぬぐいですが、最近はまた手ぬぐいのファンが増えています。
一般庶民が手ぬぐいを使うようになったのは、江戸時代の頃と言われますが、手をぬぐったり体を拭いたり、頭に被ったり、時には傷の手当をしたり・・・と、かつては日常生活になくてはならないものでした。
そして、多種多様な手ぬぐいの柄が、庶民の生活に潤いを与え、豊かなものにしてくれていたのです。
いつしかその存在を忘れられそうになった手ぬぐいでしたが、現代ではその良さが見直され、若い人の間でも色々な使われ方がされるようになってきました。
バンダナのように頭に巻いたり、マフラーのように首に巻いたり、きれいな柄を利用して赤ちゃんの服を作ってみたり、ラッピングに利用したり、インテリアとして飾ってみたり・・・。
和柄の手ぬぐいが、とても新鮮に見える今日このごろです。

関連記事
プロフィール

夏の七草

Author:夏の七草
和の大好きな管理人が、ネットから購入できる女性向けの和風ファッション、和柄ファッションをご紹介しています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。