スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見直される風呂敷

最近、レジ袋に代わるエコバッグとして見直されているのが、風呂敷です。

風呂敷の起源は定かではありませんが、室町時代末期に大名が風呂に入る時に家紋のついた四角の布を広げ、その上で衣服を脱ぎ、脱いだ着物を包んだり、湯上りに身づくろいをしたのが始まりとされています。

江戸時代以降は庶民の間にも広がり、お風呂以外にも色々な用途に使われました。昭和時代に紙袋やポリ袋が大量生産されるようになってからは、いつしか姿を消して行きましたが、探してみるとどこの家庭にも1枚か2枚はあります。

そんな日本文化の象徴とも言える風呂敷ですが、結び方によって色々な使い方ができ、使わない時は小さくたたむことができるので、意外と便利です。

レジ袋の代わりに、もっと普及してほしいですね。
スポンサーサイト
プロフィール

夏の七草

Author:夏の七草
和の大好きな管理人が、ネットから購入できる女性向けの和風ファッション、和柄ファッションをご紹介しています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。